SSH報告書

  SSH報告書を掲載します。
 
 平成29年度 スーパーサイエンスハイスクール
   研究開発実施報告書(平成29年度指定 第1年次) 
  
  H29浦和一女SSH開発実施報告書_Part1.pdf
    H29浦和一女SSH開発実施報告書_Part2.pdf
    H29浦和一女SSH開発実施報告書_Part3.pdf
    H29浦和一女SSH開発実施報告書_Part4.pdf

   平成28年度 スーパーサイエンスハイスクール
   研究開発実施報告書(平成24年度指定 第5年次)

     H28SSH報告書1.pdf
     H28SSH報告書2.pdf
     H28SSH報告書3.pdf
     H28SSH報告書4.pdf
     H28SSH報告書5.pdf
     H28SSH報告書6.pdf
     H28SSH報告書7.pdf


 平成27年度 スーパーサイエンスハイスクール
   研究開発実施報告書(平成24年度指定 第4年次) 

                   ハイスクール 1.pdf
                   ハイスクール 2.pdf
                   ハイスクール 3.pdf
                   ハイスクール 4.pdf
                   ハイスクール 5.pdf
                   ハイスクール 6.pdf
 


SSH情報

SSH情報
12345
2018/03/24

第2回SSH卒業生の会開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
3月24日(土)、SSH卒業生の会が開催されました。今年は第2回目です。本校のOGの人たちも企業の研究室に勤務したり、大学院で研究を続けていたりと活躍しています。
この会は、長期にわたりSSHに取り組んでいる本校ならではの活動です。
新会員の紹介のあと、今後の卒業生の会の活動について話し合いが成されました。
また、2年生のポスター発表をきいてのアドバイス、1年生に対しては課題研究の取組への相談の時間も設けられました。在校生にとっても有益な時間でした。
 
OGからアドバイスを受ける在校生
15:44
2018/03/19

SSH関東近県合同発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
3月18日、芝浦工業大学豊洲キャンパスにて、関東近県SSH合同発表会が開催されました。
これは、関東近県のSSH校16校の生徒がつのり、口頭発表、ポスター発表を行います。
1年間の課題研究の成果を発表するとともに各学校の生徒が交流し意見を交わします。
芝浦工業大学 村上雅人学長による「サイエンスと人間の可能性」という基調講演ののち、生徒たちの発表が行われました。
本校からは2年生が2点の口頭発表を行い、1年生全員のポスター発表が行われました。
 
20:12
2018/02/17

1年グループ課題研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
1年生のSSH活動の総仕上げとなるグループ課題研究発表会が行われました。
これは、1年生の後期に行った11グループの課題研究の成果を発表するものです。
あmだ、1年生ということで、実験の方法や条件設定、考察にも不十分なところもありましたが、
興味ある内容のものでした。これからの取組次第では面白いものになるのではないかと思います。
本日は、保護者の方もたくさん来ていただきました。ありがとうございました。

研究発表内容は次の通りです。
①繊維を科学する ②酵母の発酵について ③魚の行動とアルコールの影響
④NaClの単結晶づくり ⑤アミラーゼによるデンプンの加水分解反応の研究
⑥パラシュートに関する研究 ⑦イシクラゲの培養 ⑧ドミノ倒しに関する研究
⑨桜染めに関する研究 ⑩水の脱色に関する研究 ⑪旋光に関する研究

よく頑張りました。
 



18:06
2018/02/17

平成30年度総文祭出場決定

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
2年生の島田さんの課題研究Ⅱの取組が理科教育研究発表会で認められ、平成30年度の全国総合文化祭に出場することが決まりました。
研究タイトルは、「イシクラゲの窒素固定と増殖」です。
18:03
2018/01/24

29年度SSH研究成果発表会を実施しました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
1月20日(土)、本年度のSSH研究成果発表会を実施しました。
大学の先生、他県のSSH校の先生をはじめ、保護者の皆様にもたくさんの参加をいただきました。
当日は、4期目を迎えた本校のSSHの取組について、説明や生徒の課題発表を行いました。

 【SS課題研究Ⅱ】では2年生の代表4名が、それぞれの研究を口頭発表し、来賓の方から指導助言をいただきました。


 【SS基礎科学】では、公開授業として1年生対象に特別講義を行いました。
① 化学/美術 「絵が『かわく』ってどういうこと?」
② 物理/音楽/数学 「純正律と平均律~きれいな和音を奏でるには~」
 
午後は、ポスター発表
【SS探究Ⅰ】  本年度から開始した全校生徒の課題研究の一部を1年生が、
【SS課題研究Ⅱ】2年SS選択生徒の課題研究を2年生14名が実施しました。
 


10:11
2017/12/13

平成29年度 SSH研究成果発表会について(ご案内)

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
本校は今年度より文部科学省から第4期のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)研究開発指定校として5年間の研究指定を受け、「次の100年を見通し、科学技術の新しい地平を切り拓くリーダー、科学技術で新らしい時代と世界を創造するリーダー」の育成を目標に研究開発の取り組みを行っています。今年度がその初年度であり、研究の端緒についたばかりでございますが、ここまでの取り組みをご覧いただきたく、下記のとおり研究成果発表会を開催いたします。
関係の皆様にご参加いただきまして、本校SSH事業の取り組みについてご指導ご助言を賜りますようお願いいたします。
詳細 申込用紙 →
H29浦和一女SSH成果研究発表会(二次案内).pdf


13:58
2017/11/25

1年SSH特別授業ー最先端の光学機器

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
11月25日、土曜授業日の午後、1年のSSHの特別授業が本校で行われました。本日の講義は1年生のSSHで選択講義として実施されました。
今回は東京大学生産技術研究所の先生に来て頂き「最先端の光学機器」という講義を受けました。
光学の基礎の説明と実験や「光は波」ということの体験、そして液晶技術やその応用にわたる講義でした。
  
16:07
2017/11/22

平成29年度SSH研究成果発表会について(ご案内)

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
本校は今年度より文部科学省から第4期のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)研究開発指定校として5年間の研究指定を受け、「次の100年を見通し、科学技術の新しい地平を切り拓くリーダー、科学技術で新らしい時代と世界を創造するリーダー」の育成を目標に研究開発の取り組みを行っています。今年度がその初年度であり、研究の端緒についたばかりでございますが、ここまでの取り組みをご覧いただきたく、研究成果発表会を開催いたします。

第1次案内  →浦和一女H29SSH発表会案内文書(一次案内).pdf

日程詳細・申し込みについては12月中旬に別途、掲載いたします。
10:49
2017/11/14

戸田山和久さんによるSSH全校講演会が開催されました

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
 平成29年11月10日(金)、本校体育館にて、科学哲学をご専門とする哲学者の戸田山和久さん(名古屋大学教養教育院院長、情報教育科教授)によるSSH全校講演会が「教養ってなんだろう、なぜ重要なのだろう」の演題で開催されました。

 戸田山さんは「教養とは単なる知識の蓄積ではなく、自分たちの能力をより良い社会の実現のために生かそうとするためのものであり、人工知能やロボットなどにより急激に社会が変化するこれからの時代において教養を身につけることは極めて大切」などとお話になり、本校の生徒たちはご講演に非常に感銘を受け、質疑応答も質問が続き予定時間を超えるほどでした。
 講演後、「いろんな名著を読んでみたい」と話す生徒もいて、貴重な学びの機会となりました。

11:52
2017/10/30

SSH英語プレゼン講座

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
1年生の英語プレゼン講座も回を重ねる度に、生徒の発表する姿勢にも変化が出てきました。
班ごとに実際にテーマに沿ってプレゼン。自己紹介から、大きなジェスチャーに大きな声、そしてゆっくりはっきりと語りかけるようになってきました。

東京大学や埼玉大学のキャンパスでの実験実習なども進んでいます。SSHの本格的な活動が後期になって始まっています。この経験を自分のものにして欲しいと思います。

16:27
12345
Copyright(C) 2012 Saitama prefectural Urawa daiichi girls' high school. AllRightReserved.