SSH報告書

  SSH報告書を掲載します。
 
   平成28年度 スーパーサイエンスハイスクール
   研究開発実施報告書(平成24年度指定 第5年次)

28年度スーパーサイエンスハイスクール研究開発実施報告(要約) ・・・2
     H28SSH報告書1.pdf
平成28年度スーパーサイエンスハイスクール研究開発の成果と課題 ・・・5
     H28SSH報告書2.pdf
Ⅰ 研究開発実施報告
1.学問としての「科学」から社会を支える「生産技術」まで、広い見識を養う
科学技術教育プログラムの研究開発・・・8
     H28SSH報告書3.pdf
     H28SSH報告書4.pdf
2.女性科学者としてのあり方を身につけさせ、科学技術分野において
国際的に活躍できる人材を育成するキャリア教育プログラムの研究開発 ・・・59
3.課題研究を中心とした「科学の方法論」と独創性を身につけるための
研究スキル習得プログラムの研究開発・・・62
     H28SSH報告書5.pdf
Ⅱ 実施の効果とその評価 ・・・80
(1)学校設定科目等の総括
(2)生徒・教員に対する効果とその評価
Ⅲ 校内におけるSSHの組織的推進体制 ・・・84
Ⅳ 平成24 年度指定SSH5年間の研究開発の結果・まとめ ・・・85
     H28SSH報告書6.pdf
Ⅴ 関係資料 ・・・90
     H28SSH報告書7.pdf




 平成27年度 スーパーサイエンスハイスクール
   研究開発実施報告書(平成24年度指定 第4年次) 

 目 次                       ハイスクール 1.pdf
平成27年度スーパーサイエンスハイスクール研究開発実施報告(要約) ・・・2
平成27年度スーパーサイエンスハイスクール研究開発の成果と課題 ・・・5
                               ハイスクール 2.pdf
Ⅰ 研究開発実施報告
1.学問としての「科学」から社会を支える「生産技術」まで、広い見識を養う
                                               科学技術教育プログラムの研究開発・・・8
                             ハイスクール 3.pdf
2.女性科学者としてのあり方を身につけさせ、科学技術分野において国際的に
             活躍できる人材を育成するキャリア教育プログラムの研究開発
             研究スキル習得プログラムの研究開発・・・34
                             ハイスクール 4.pdf
4. 実施の効果とその評価 ・・・48
Ⅲ 校内におけるSSHの組織的推進体制 ・・・52
Ⅳ 研究開発実施上の課題及び今後の研究開発の方向・成果の普及 ・・・53
                            ハイスクール 5.pdf
Ⅴ 関係資料 ・・・54
                            ハイスクール 6.pdf
 


SSH情報

SSH情報
12345
2017/11/25

1年SSH特別授業ー最先端の光学機器

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
11月25日、土曜授業日の午後、1年のSSHの特別授業が本校で行われました。本日の講義は1年生のSSHで選択講義として実施されました。
今回は東京大学生産技術研究所の先生に来て頂き「最先端の光学機器」という講義を受けました。
光学の基礎の説明と実験や「光は波」ということの体験、そして液晶技術やその応用にわたる講義でした。
  
16:07
2017/11/22

平成29年度SSH研究成果発表会について(ご案内)

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
本校は今年度より文部科学省から第4期のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)研究開発指定校として5年間の研究指定を受け、「次の100年を見通し、科学技術の新しい地平を切り拓くリーダー、科学技術で新らしい時代と世界を創造するリーダー」の育成を目標に研究開発の取り組みを行っています。今年度がその初年度であり、研究の端緒についたばかりでございますが、ここまでの取り組みをご覧いただきたく、研究成果発表会を開催いたします。

第1次案内  →浦和一女H29SSH発表会案内文書(一次案内).pdf

日程詳細・申し込みについては12月中旬に別途、掲載いたします。
10:49
2017/11/14

戸田山和久さんによるSSH全校講演会が開催されました

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
 平成29年11月10日(金)、本校体育館にて、科学哲学をご専門とする哲学者の戸田山和久さん(名古屋大学教養教育院院長、情報教育科教授)によるSSH全校講演会が「教養ってなんだろう、なぜ重要なのだろう」の演題で開催されました。

 戸田山さんは「教養とは単なる知識の蓄積ではなく、自分たちの能力をより良い社会の実現のために生かそうとするためのものであり、人工知能やロボットなどにより急激に社会が変化するこれからの時代において教養を身につけることは極めて大切」などとお話になり、本校の生徒たちはご講演に非常に感銘を受け、質疑応答も質問が続き予定時間を超えるほどでした。
 講演後、「いろんな名著を読んでみたい」と話す生徒もいて、貴重な学びの機会となりました。

11:52
2017/10/30

SSH英語プレゼン講座

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
1年生の英語プレゼン講座も回を重ねる度に、生徒の発表する姿勢にも変化が出てきました。
班ごとに実際にテーマに沿ってプレゼン。自己紹介から、大きなジェスチャーに大きな声、そしてゆっくりはっきりと語りかけるようになってきました。

東京大学や埼玉大学のキャンパスでの実験実習なども進んでいます。SSHの本格的な活動が後期になって始まっています。この経験を自分のものにして欲しいと思います。

16:27
2017/09/21

フィールドワーク発表会実施

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
9月20日、1年のSSHでは夏休みに行われたフィールドワークの発表を行いました。15の班が、フォッサマグマのこと、翡翠のこと、長者ヶ原遺跡のこと、イルカの生態、クラゲのこと・・・など各班が調査したことを発表しました。
初めてのプレゼンテーションということで、まだまだ、内容も未熟で、発表のスキルやスライドの出来も課題の多いものでしたが、生徒たちは一生懸命頑張っていました。
少しずつですが、プレゼン能力を高めてくれることと思います。
後期はいよいよグループの課題研究が始まります。
17:44
2017/09/21

1年SSHノーベルフォーラム参加

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
9月16日1年のSSHでは、春に続いてノーベルフォーラム「次世代へのメッセージ」に参加しました。
今回は2016年のノーベル賞受賞者の東工大栄誉教授 大隅良典先生のお話を聞きました。先生は「オートファジー」~細胞のリサイクルは解明した先生です。
ノーベル賞受賞までの経緯や研究内容の概要についての講義とともに、若い世代へのメッセージをいただきました。
①長い人類の歴史の中で自分の時代を考える。
②権威や常識に囚われることなく自分の興味を抱いた疑問を大切にしよう。
③論文やあふれる情報からではなく自然現象から始めよう。
④人と違うことを恐れず自分の道を見極めよう。
⑤流行を追うのはやめよう。競争だけが科学の原動力ではない。
⑥自分の眼で確かめ小さな発見を大切にしよう。
⑦役に立つとは何かを考えよう。
⑧最初の疑問に繰り返し立ち返ろう。
⑨目の前の研究の先に何があるかを考えよう。
現在の日本の基礎科学はピンチであると述べられて居ました。生徒たちの今後の活躍に期待していることが伝わってきました。
17:32
2017/08/21

SSH指定女子高校研究交流会実施

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
恒例のSSH指定女子校研究交流会が、お茶の水女子大学を会場に開催されました。
参加校は、茨城県立水戸第二高等学校、栃木県立宇都宮女子高等学校、
群馬県立前橋女子高等学校、熊谷女子高等学校、川越女子高等学校、
そして浦和第一女子高等学校の6校です。本校からは2年生が参加し、各学校のSSHの
生徒と交流をしました。

コンテンツ別の懇談会と実習では、お茶の水女子大学の先生方の講義と実習です。
①数学  真島秀行先生 (お茶の水女子大学 理学部 数学科 教授)
題名:「(講義・演習)数学がこんなところにも使われるって、知ってた?!」
物理  森川雅博先生(お茶の水女子大学 理学部 物理学科 教授)
題名:「美しさの物理学」
化学  棚谷綾先生(お茶の水女子大学 理学部 化学科 准教授)
題名:機能性分子を創る化学
生物  小林哲幸先生(お茶の水女子大学 理学部 生物学科 教授)
題名:細胞膜を作る分子を研究するには?
生物  最上善広先生 (お茶の水女子大学 理学部 生物学科 教授)
題名:顕微鏡の「ちょっとした」改造によって ミクロ世界の可視化に挑む
生物  松浦悦子先生(お茶の水女子大学 理学部 生物学科 教授)
題名:ショウジョウバエを通して遺伝について考える
⑦生物  千葉和義先生(お茶の水女子大学 理学部 生物学科 教授)
題名:ヒトデを用いた減数分裂と受精の観察
⑧情報  伊藤貴之先生(お茶の水女子大学 理学部 情報科学科 教授)
題名:コンピュータグラフィックス
⑨人間工学 太田裕治先生(お茶の水女子大学 生活科学部 人間・環境学科 教授)
題名:「生活のためのロボット〜レゴロボットを使ってフィードバック制御を学ぶ」
建築環境工学 小﨑 美希先生(お茶の水女子大学 生活科学部 人間・環境学科 助教)
題名:「環境心理に関する講義&実践」
の10の講座に分かれました。内容は少し難しいものもありましたが、6校の生徒同士の交流もあり楽しそうに受講していました。

また、その後、課題研究交流会が行われ、それぞれの研究テーマについて説明し、お互いの苦労話を共有しました。

6校の女子校の生徒が一同に集まり良い経験になったようです。
  



19:17
2017/07/26

フィールドワーク3日目

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
7月26日、昨日までとはうって変わって新潟の青空が迎えてくれました。
本日は、新潟市内にあるマリンピア日本海と国立水産研究所での講義。
昨日磯部の生物観察ができませんでしたが、水族館では多くの魚などが生徒を迎えてくれました。係の人に質問する生徒の姿もありました。
今回のフィールドワークは天候に左右されましたが内容は充実したものとなりました。生徒はこの後、班ごとにテーマを決めて発表のための準備にかかります。

   
17:01
2017/07/25

1年フィールドワーク2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
7月25日、新潟フィールドワークの二日目を迎えました。生徒全員元気に活動しました。
本日は、雨天のため国道8号の一部が通行止めになり、残念ながら親不知などの予定していたジオサイトの見学ができませんでした。急遽、近くの海岸での岩石採集や長者ヶ原遺跡の見学、フォッサマグナミュージアムでの実習となりました。
磯の生物観察・海岸地形の観察・凝灰岩露頭観察などはできませんでしたがミュージアムで写真で説明をもらいました。
夕刻、新潟市内に移動して夜の研修を行っています。明日は最終日、天気も回復する予想です。
        
20:27
2017/07/24

1年フィールドワーク1日目

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭今西
7月24日今日から1年SSHフィールドワークで新潟糸魚川に来ています。天気が心配されていますが、今日は予定通りすべての行程を実施しました。残念ながら夜の天体観望はできませんでしたが室内で天体の講義を受けています。
糸魚川に到着後、フォッサマグナミュージアムにて学芸員さんからフォッサマグナと翡翠についての講義を受けました。フォッサマグナができた過程や糸魚川で翡翠が産出される理由などのよく理解できたようです。
その後、実際にフォッサマグナパークで東日本と西日本の境を目で実感しました。

      
20:11
12345
Copyright(C) 2012 Saitama prefectural Urawa daiichi girls' high school. AllRightReserved.