ソフトテニス情報

ソフトテニス部
12345
2019/06/14

ソフトテニス部 インターハイ予選結果

| by ソフトテニス部
 インターハイ予選が、6月8日に狭山智光山公園で個人戦、6月13日に熊谷さくら運動公園で団体戦が行われました。
 個人戦は濁川・堀口ペアと宮本・久下ペアが出場しました。
濁川・堀口ペアは、2回戦・3回戦と危なげなく勝利し4回戦まで進みましたが、残念ながら32本で敗退しました。
宮本・久下ペアは1回戦勝利し、2回戦は関東大会出場の昌平高校と対戦。惜しくも3対4で敗退しました。
 団体戦は強豪星野高校と対戦。
濁川・堀口ペア、宮本・久下ペア、村野・下村ペア、早船・下山ペアがベンチ入り。
応援団の大きな声援のもと、選手は練習したことを精一杯発揮しました。
結果は残念ながら敗退。しかし、ソフトテニスを思う存分楽しめた試合でした。
これで、3年生は引退となります。一女のテニスコートで得たことが、今後の人生の糧となりますように。

3年生~引退に寄せて~

宮本まどか
インターハイ予選では個人、団体ともに納得のいく試合を行うことができて、とても楽しかったです。
私たちは今日まで2年半、テニス部として活動してきました。時には思い通りの試合ができず悩んだり、悔しい思いや辛い思いをすることもありましたが、仲間と支え合い先生方に教えていただきながら日々成長し、自分と向き合いながら一歩ずつ前に進むことができたと思います。辛い時も寄り添ってくださった先生方、近くでずっと応援していてくれたチームのみんなに感謝したいと思います。本当にありがとうございました。この素晴らしいチームで活動してきたことを大きな自信としてこれからもテニス以外のことでも全力で頑張ります。

久下陽菜
 地区予選では良い結果を残せず、悔しい思いをしたけど、インターハイ予選では、個人も団体も自分たちのテニスができて、楽しくすっきりして終わることができました。
 2年半の間、周りとの実力差に悩んだり、結果を残せなかったり、辛いこともあったけど、テニスを好きになれて、このメンバーに出会うことができて、テニス部に入って良かったと心から思います!
 私は団体メンバーに入ることを目標にして頑張ってきました。なかなか入ることができなくて、悔しかったけどそこで諦めずに続けてきて、最後に個人も団体も出れたことは本当に良かったと思います。1.2年生にも最後まで諦めずにやりきって欲しいです。
 先生方、熱心なご指導ありがとうございまし た。先生方のおかげでテニスを好きになれました!
みんなのことが大好きです。
一女テニス部をずっと応援してます。

濁川実和
インターハイ予選では、個人団体共に納得のいくプレーができたと思います。良かったです。
2年半でいままで経験したことの無いことも経験することが出来ました。どれも先生方や保護者の方々、皆のおかげでできたことだと思っています。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!最後まで続けてきたことやこの部活で学んだことをこれから様々なことにいかしていきます。
今まで本当にありがとうございました。

堀口明日香
今大会をもって引退となりましたが、この2年と少し、本当にありがとうございました。インハイ予選は個人、団体ともにいつも通りの試合ができ、練習の成果を発揮できました。
今までを振り返って、私の力だけではここまで続けることは出来なかったと思います。テニスが嫌になった時期もありましたが、先生方や部活のメンバーがいたおかげで乗り切れました。同輩、後輩、先輩方、先生方、保護者の方々の応援があったから、努力が発揮できる環境にいられたと思います。
後悔が全く無いわけではありませんが、充実した部活生活でした。本当にありがとうございました。

村野七葉
今回の大会で引退となり、やってきたことをやれるテニスをしたいと思って試合に挑みました。ペアが決められるようにもっともっと繋ぎたかったですが、中高一緒に部活をやってきた下村さんと最後の大会で試合が出来て楽しかったです。
約2年間あっという間に過ぎてしまいましたが、優しく頼もしい1,2年生、先輩、先生方そして一緒にいるだけで本当に楽しい3年生とこのテニス部で過ごせたことに心から感謝します。ありがとうございました‼

下村柚乃
インターハイ予選、沢山の応援ありがとうございました。全力で楽しめました。そして、約2年間、ありがとうございました。たくさんの人に支えられて最後までやり切る事が出来て、感謝の気持ちでいっぱいです。仲間たちや環境にも恵まれ、充実した2年を過ごせました。辛い事や大変な事も色々ありましたが、全部私の力になってると思います。テニス部で学んだ事を、この先も活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

小野菜々美
2年半ありがとうございました。
こんなに大好きで、笑いあえる 先輩、後輩、そして8人の仲間といられて本当にうれしかったです。私は辞めようと本気で思った時期もありましたが、皆のおかげで辞められず、引退まで残ることができたと思います。
先生方や皆への感謝を忘れずにこれからも生きていきたいです。本当に、本当に、9人で引退できてよかったと思いました。勉強頑張ります!

四方詩織
この約2年間の部活はたくさんの人に支えられて充実した日々を過ごすことが出来たと思います。辛い時も声をかけてもらったりして乗り越えることが出来ました。本当に感謝しかありません!
先生方にはご迷惑をおかけした事が沢山ありますが、一つ一つ丁寧にご指導して頂いて、より内容の深いプレーを意識することが出来たと思います。ありがとうございました。
これからつらいこともあるかもしれないけど、支えあって1.2年生には最後まで走り抜けて欲しいです!頑張ってください。応援しています!
今まで本当にありがとうございました!!

東志優
恵まれた環境でテニスをできたことにとても感謝しています。
とても充実した楽しいこの2年間を通して、技術面だけでなく精神面や生活面でも多くの事を学ぶことができました。
本当にありがとうございました。

***3年生9人らしい!ひとコマ***
  


***3年生の引退は寂しいですが1.2年で高みを目指し頑張っていきます!***


16:21
2019/06/03

ソフトテニス部 関東大会結果報告

| by ソフトテニス部
令和元年5月31日~6月2日に、狭山市智光山公園テニスコートにおいて、関東高等学校ソフトテニス大会が行われました。濁川③・堀口③ペアが出場し、東京の文大杉並高校と対戦しました。一女の関東出場は10年ぶり。県大会とは全く違う雰囲気、迫力の中、選手は一生懸命プレーし、また応援団は心をひとつに力いっぱい応援しましたが、残念ながら敗退。大きな大会で勝つことの難しさを実感しました。
朝早くから応援に来てくださった保護者の皆様、OGの方々に感謝申し上げます。
会場には部旗をはじめて掲示しました。OG会の皆様、ありがとうございました。

*** 選手の声 ***

濁川実和
関東大会では緊張もあり思いっきり自信を持ってプレーすることが出来ず、コートに少ししか立っていられませんでした。しかし、レベルの高い人達と練習することが出来たりといい経験になりました
この経験を生かして次のインターハイ予選こそ今までで1番いいプレーをできるよう、意識して練習していきたいと思います。

堀口明日香
関東大会は緊張で自分たちのプレーができず、結果的に悔しさの残る試合でした。ですが大会期間やそれまでの練習はとても貴重な経験だったとおもいます。今週末には最後の大会であるインターハイ予選があります。もうその次の大会はないので、そこで関東大会で出来なかった分のプレーができればいいなと思います。悔いの残らないよう、少ない時間を頑張りたいです。

~大会会場で開会式後に~



OGの皆さんも応援に来てくださいました! チーム一女!



会場に『克己』を掲示しました!






12:33
2019/05/08

ソフトテニス部 関東大会埼玉県予選会結果

| by ソフトテニス部
関東大会県予選会は、5月4日熊谷さくら運動公園にて個人戦が、6日くまがやドームにて団体戦が行われました。
個人戦は県南地区予選を通過した4ペアの濁川③・堀口③ペア、小野③・岩渕②ペア、田中②・下村③ペア、村野③・吉原②ペアが出場しました。4ペアとも今までの練習の成果を発揮し、自分たちのテニスができたと思います。その結果、濁川・堀口ペア関東大会出場権を獲得しました。一女ソフトテニス部としては10年ぶりの関東出場です。
また、団体戦は校内戦を勝ち抜いた4ペアがベンチ入り。32本に入らないとインターハイ予選の出場権が得られないため、対戦校のプレーをみんなで研究し、試合に臨みました。そして、勝利!16本決めでは惜敗しましたが、4ペアとも今の自己を発揮することができました。

*** 選手の声 ***

田中真百合
個人戦では、練習してきたことを試すことができましたが、大切なポイントでのミスが続いてしまったことが反省点です。団体戦では、3回戦で出させて頂いたにも関わらず、単純なストロークミスが多く自分たちの流れを作れませんでした。これからはこのような反省を生かし、より緊張感を持って練習してストロークを安定させていきます。

下村柚乃
個人戦、団体戦ともに勝つことは出来ませんでしたが、自分のできる限りのプレーができたと思います。今までの県大会では自分の力を発揮出来ずに終わってしまうことが多かったので、自分の成長を感じることが出来ました。最後の大会まで全力で頑張りたいと思います。

村野七葉
初めて個人戦で県大会にでましたが、いい緊張感で試合ができました。ファイナルゲームでうまく行かず負けてしまったのは本当に悔しかったですが良い経験になりました。
団体戦は、自分的には思うように行かずあの試合がペアとの最後の試合だと思うともう一試合やりたいとも思いますがペアが活躍してくれて改めて一緒にできたことに感謝してます。またチームとしてインハイ予選につなげてくれたチームメイトに感謝です。次こそ最後に向かってやりきりたいと思います。

吉原希寿菜
今回、県大会に出場できてとても良い経験になりました。個人戦の主な敗因は、リードしていたにも関わらずそこから受け身のプレーをしてしまったことだと思います。団体戦では受け身のプレーはせずに、サーブレシーブからしっかりと入れていくことができたと思います。しかし足りないところがまだまだ多く、結果として私たちは負けてしまったのでその悔しさを忘れずにこれからの練習に励んでいきたいです。

濁川実和
個人戦では初戦、やや緊張してしまいましたが全体的には自分の力を出せたと思います。初めて関東大会に出場することができてとても嬉しいです。団体戦では、多少プレッシャーはありましたがしっかり勝ちきり、全員の力でインターハイ予選の出場権を得られたので関東大会、インターハイ予選で悔いのない試合ができるように頑張ります。

堀口明日香
県大会個人戦では、初戦から厳しい試合が続きましたが、要らないミスはあったものの比較的今までの練習や試合の経験を活かしたプレーができたかと思います。目標であった関東大会出場ができてよかったです。団体戦も改善点は多々ありましたが、他のメンバーのおかげでインハイ予選の出場権を獲得することができました。
引退までの僅かな時間を関東大会、インハイ予選に向けて頑張っていきたいです。

小野菜々実
今回の試合は、最後の試合となり自分としてはとてもスッキリとした試合で終わることができたのではないかと思います。ここ最近の楽しく試合をするという目標は、達成することができたと思います。引退まで続けてこれて本当に、本当に、良かったと思います。ありがとうございました。

岩渕真帆
個人戦ではうまく気持ちが入らず、自分のミスで負けてしまいました。
団体戦では強気でボレーにいくことができなかったり、落ち着いてプレーをすることができなかったために悔しい試合になってしまいました。
折角団体メンバーに入れたのに何もできなかったのが本当に悔しいです。
残りの1年を無駄にしないよう練習したいです。
09:50
2019/05/07

ソフトテニス部 部旗を新調しました!

| by ソフトテニス部
今年1月に行われたOG会でいただいたご寄付で、部旗を四半世紀ぶりに新調いたしました。川口のオカベ工芸さんにお願いしたところ、とても素敵な旗が完成しました。校章はカラーで入っています!毎日の練習で、大切に使わせていただきます。
OGの皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
ご寄付41,260円に対し、部旗は11,880円で作成することができました。残金は部費に入れ、有効に使わせていただきます
 
部旗ご披露


11:33
2019/04/25

ソフトテニス部 関東大会県南地区予選結果

| by ソフトテニス部
4月23日・24日に、大宮第2公園テニスコートにおいて、関東大会県南地区予選会が行われました。本校からは、新入生を含め14ペア出場しました。この大会は、県大会につながる大会で、特に3年生にとっては全員が出場する最後の大会です。どのペアも緊張していて、まさに自分との闘いでした。
苦しい試合展開の中、濁川③・堀口③ペアが3位に入賞、田中②・下村③ペアと小野③・岩渕②ペアが32本、村野③・吉原②ペアが46本に入り、この4ペアが県大会出場権を獲得しました。

***選手の声***
田中真百合
今回の大会では、ねばって自分達の流れをつくり県大会出場を決めることが出来ました。しかし、まだストロークが不安定でミスが続いてしまうところもあったので長さ、コースを安定して打てるよう練習していきます。また前大会で勝った相手に負けてしまったので、相手の分析や精神面の弱さを改善します。

下村柚乃
県大会出場権を得ることが出来て嬉しく思います。予選では、練習通り出来たプレーもありましたが、課題も見つかりました。前回の県大会では力が発揮出来ず、悔しい思いをしたので、次は悔いの残らないプレーができるよう、県大会までしっかり練習したいと思います。

濁川実和
最近の試合ではいい結果を残すことが出来ていなかったので、今回の大会で県大会出場権を得られて嬉しいです。しかし、ファーストサービスがもっと入っていればもう少しいい結果になっていたかもしれないので短い期間ですが集中して練習して納得のいくプレーが出来るようにしたいです。

堀口明日香
1日目の県大会決めでは、思うようないつも通りのプレーができず、負けるかもしれないと思った場面ばかりでしたが、ペアの頑張りのおかげでなんとか県大会出場を決めることが出来ました。2日目は何度も厳しい場面があり、リードを取られたりマッチポイントをにぎられることがありましたが、1日目のプレーよりも落ち着いて試合が出来ました。3位という結果ではありますが、サーブやボレーの技術がもっとあれば、さらにいい結果になっていたと思うので悔しいです。県大会に向けて、練習していきたいです。

村野七葉
今回、敗者復活戦で勝つことができ県大会に出場が決まり嬉しく思います。昨年の新人戦で悔しい思いをしましたが、やっと1つの目標に達することができました。県大会ではやってきたことを発揮出来るようにそして試合を楽しめるように吉原さんと頑張りたいです

吉原希寿菜
今回、県大会出場を決めることが出来て本当に良かったです。3回戦ではプレッシャーなどでプレーが堅くなってしまい、負けてしまいましたが、その反省を生かして敗者復活戦では試合を楽しむことができました。この大会をしっかり振り返り、県大会では自分の出来ることを出し切って悔いのないプレーをしたいです。

 小野菜々実
今回の大会は、自分にとって最後の大会で、今まで以上に緊張しました。初戦では、自分の力を出しきれず、ペア2人して試合後に泣いてしまうようなこともありましたが、県決めの試合では、2人で一本というように、プレーをすることができました。何より良かったのは楽しく試合ができたことです。
まだ県大会があるので、どんな相手にも、勝つつもりで楽しく一生懸命頑張りたいです!

岩渕真帆
県大会に関わる試合では、ストロークミスをしてしまったり積極的にボールを触ることができなかったので悔しい思いもありました。
第4回戦ではミスは多かったけれど、今までよりも落ち着いてボレーに出ることができたので楽しんで試合ができたと思います。
県大会まで、後悔をしない練習をしていきたいです。


18:49
2019/04/22

ソフトテニス部 市内大会結果

| by ソフトテニス部
4月21日、天沼テニス公園において、春季さいたま市高校ソフトテニス大会団体戦が行われました。一女はAチームからEチームの5チームが出場し、Aチームが3位に入賞しました。ここのところ、思うような試合ができなかったため、やっと、自分たちらしいテニスができるようになってきました。4月23,24日はいよいよ関東予選です。この結果を弾みに、練習してきたことを思う存分発揮したいと思います。


宮本まどか
今回の団体戦では準々決勝、準決勝と勝つことができなかったのが悔しかったです。ただ、サーブレシーブのミスはあまりせず、ラリーを後衛とつなげることができたのは練習の成果だと思います。
次の試合ではベストを尽くし、ボールをきちんとみて集中して頑張ります。

久下陽菜
私は今回の団体戦でチームの勝ちに貢献することができませんでした。自分より格上の選手だったからこそもっと強気で向かっていかなければならなかったと思います。次の大会でも、そういった選手にあたるので今回の反省をしっかり活かした試合をしていきます。

村野七葉
今回の団体戦は3位ではありましたが、個人的にはどの試合もしっかりと打つことができペアとしてこれまでより良い大会となったと思います。しかしサブレブやしのぎのロブ、メンタルなどの課題もまだあるので、それを出来る限り調整して強い気持ちを持って引退まで最後まで頑張りたいと思います。

吉原希寿菜
今回の大会では、ベスト4に入ることができて嬉しかったです。以前より練習でやった事を試合に生かし、積極的にボールを取りに行けるようになったと思います。しかし、大事な場面でファーストサービスが入らない、チャンスボールを1本で決めきれないなどといった技術、精神力の不足を感じました。それらを改善するために、緊張感を持って毎日の練習に取り組んでいきたいと思います。

濁川実和
今回の大会では無理なコースを狙ってのミスは少なくできたと思います。しかし、サーブが入らなくて立ち上がりが悪く気持ちが落ちてしまったのでもっと最初のゲームを大切にしていきたいです。次の大会では弱気にならず自分たちのプレーにだけ集中して試合に臨みます。

堀口明日香
今回の市大会団体戦は関東予選を控えた最後の調整になる試合でしたが、結果的には悪くはなかったのですが、細かいところでの反省点が多かったです。細かいミスがあると勝つべき場面で競り負けてしまうし、プレー面よりもメンタル面でのミスが多かったので、力を出し切れず最後の試合で後悔することのないようにしたいです。




18:53
2019/02/05

ソフトテニス部 南部支部リーグ大会結果

| by ソフトテニス部
平成31年2月3日、埼玉県高等学校ソフトテニス南部支部リーグ大会が行われました。
この大会は各学校のAチームが大宮第2公園でAブロックからCブロックに分かれてリーグ戦を実施し、Bチーム以降が浦和総合でDブロックとしてトーナメントを行う大会です。
本校はA,B,C,Dチームと他校との混成チームで26名出場しました。
Aブロックに出場したAチームは予選リーグで敗退しました。
またDブロックに出場したチームはどこも1回戦は勝つことができ、Bチームが3位に入賞しました。
練習したことが試合にいかせず、まだまだ課題が残る試合でした。
今後の練習を見直し、春の大会に向けて努力を積み重ねていきます。

***Aチーム・Bチームの選手の声***
村野七葉
今回の大会では、一試合目の入り方がとても悪く何もしないままゲームが進んでしまった。途中で挽回できたもののやはりやるべきことが出来ないで結局負けてしまったし、他の二試合もストレートで負けてしまった。
課題が山ほどあると改めて大会に出て分かったが、まずはメンタル面で自信をもち、気持ちで負けないようにしなければならないと思う。
また、ずっと課題である振り切ることや配球を考え、狙い通りに打てるようにもっとストローク力をつけたい。試合の展開も前衛が動けるような展開にするためにも自分達がどんなテニスをしたいのか考えたい。
そしてやはりサーブレシーブでいいとき悪いときの波がないよう、練習をもっと集中しなければならないと思う。
引退まであと数カ月しかないし、できる事は限られてくると思うがそれまでにできる事は全部やり抜き、後悔ないように頑張りたい。

吉原希寿菜
今回初めてAチームとして参加し、とても貴重な経験ができました。しかし満足のいく結果を残すことができませんでした。この悔しさをバネに自分に甘んずることなく、これからの練習に励みたいです。

濁川実和
今回の大会は悔しい結果に終わってしまいました。上手くいかない時、自分で何が悪いか気づくことが出来なかったことが原因だと思っています。最後の大会まで残りわずかなので日々意識して頑張ります。

堀口明日香
今回の大会では自分の実力が発揮できず悔しい結果で終わったので、次の大会で頑張りたいです。

田中真百合
今回の大会ではAチームとして出場させて頂きましたが、同じパターンでミスをしてしまうなど勿体無い失点が多かったことが反省点です。またサーブレシーブやロブの正確さが不十分で、粘り勝ち出来ない原因になっていたと思います。この大会で学んだ事を活かすために、日々1球に集中して練習していきたいです。

笹川絢加
今回Aチームとして大会に出場でき、本当に良い経験になりました。しかし、一勝も出来ず、このチームに入れたことへの責任を果たせなかったのが悔しいです。自分の苦手な所が、よく現れてしまったと思うので、1つ1つ改善していきたいです。

小野菜々実
今回の試合では、悔しい結果になってしまい残念に思います。しかし、サーブの重要性、一本一本の重さを改めて感じることができ得るものは大きかったと思います。これからどのようになっていくかは自分次第だと思います。日々の練習の中で考えて行きたいと思います。

岩渕真帆
目標であった単純なミスを減らすこととボレーで攻めることができませんでした。
基礎的なことを見直して、強気で試合ができるように普段の練習から意識して変えていこうと思います。

四方詩織
初戦から調子が上手く乗らず苦しい試合をしてしまいました。特に最後にやった試合では、相手の波に押されてしまい、守る試合になってしまったと思います。自分から先に攻めることで波を自分達に持っていき、自分のペースをより早く掴んで試合をやっていきたいと思いました。

下村柚乃
第1シードということもあり、優勝を目指していましたが、準決勝で負けてしまい残念です。しかし、練習してきた事をいかせた場面もありました。また、自分の課題が明確にわかったので、それをこれからの大会に向けてしっかり練習していきたいと思います。

宮本まどか
今回の大会では1試合のみの出場となりましたがその1試合、ファーストサーブはいつもより多く入れることができたし、レシーブのミスもしなかったので、満足できる試合内容だったと思います。
しかしまだ2人で一本の形が取れていなかった場面もあったので後衛として、チャンスボールを相手に上げさせる配球ができるようにこれから練習したいと思います。
また、精神的に追い込まれても、自分の実力が出せるように練習したいです。

久下陽菜
団体の勝ちが決まってからの試合だったので、のびのびと自分のテニスをすることができました。他校の試合を見て、最後まで攻めの気持ちを持っている方が勝つことができるのだと再確認できました。次の団体戦は、一女として1チームなので、団体メンバーに入るために残り少ない練習時間を大切にします。
15:48
2019/01/16

ソフトテニス部 OG会を開催しました!

| by ソフトテニス部

平成31113日、本校視聴覚室において、ソフトテニス部OG会を開催しました。

今回のOG会は、電話やメールで連絡のつく範囲でお声がけした関係で、連絡が伝わっていない年代も沢山ありますが、昭和26年度卒の方から現役生徒まで、総勢126名の方がお集まりになりました。

元顧問の加藤先生、小河先生、元コーチの吉田様からご挨拶をいただき、和やかにスタートしました。

ご歓談後、各年代代表の方からお話をいただきました。

昭和26年度卒の方からは新制中学にかわるときだったので、一女の校舎で6年間過ごし、インターハイに出場されたというお話。

昭和33年度卒の方もインターハイに出場。テニスがご縁で天皇皇后両陛下がご成婚なさった時期で、新聞社から一女のテニス部が取材を受け、新聞に載ったというお話。

初めてお聞きする大先輩のお話に、どよめきが起こりました。

昭和55年度以降の方からは、練習が厳しくて、でもやめるのは悔しくて、テニスを続けたことが、今困難にぶつかっても、あの時に比べれば楽だと考えられて、めげずに生活できている。修学旅行にもラケットを持って行って朝練をした。合宿の最終日の出し物の話。セカンドが定着していて、本名はわからないけれどセカンドなら今もわかるというお話…等々。

皆さんの脳裏には当時の様子が走馬灯のように思い出されているようでした。

次は、現役部員による現在の部活動の様子を動画で紹介。2年堀口が中心になって作成しました。OGの方にとって、庭球する心やエールなど懐かしい場面もあったことと思います。

次は、部旗『克己』作成について、OGで元顧問の渡邊様から提案がありました。部旗は平成4年・5年の卒業生から贈られたもので、4半世紀もの間、毎日使っている関係で傷んできました。部旗の新調をと寄付金を募ってくださり、41,260円集まりました。ありがとうございました。早速、新しい部旗の作成をすすめ、完成しましたら、またこのHPでご披露いたします。

最後は校歌斉唱と記念撮影。校歌は1年堀井がピアノで生演奏。皆さんそれぞれ、ソプラノ・アルトのお好きなパートに分かれて、4番まで歌い上げてくださいました。

あっという間に楽しい時間が過ぎて、来年また開催することをお約束し、散会しました。

現役生徒にとっても、先輩方のいろいろなお話を伺うことができ、有意義なひと時を過ごすことができました。

今後も伝統やつながりを大切にしていきたいと思います。

 

以下、会計報告です。

 

《収入》

 会費   @1,500×99148,500 ・・・・・・①

 また、お祝としてご芳志を頂戴いたしました。部の活動に有効に使わせていただきます。

《支出》   

 お弁当  @1,000×126126,000

 白鷺宝     @80×126=   10,080

                             消費税  806

    生茶        69×54=     3,726

                      消費税   298

 伊右衛門     69×72=      4,968

                   消費税 397

 合計           146,275 ・・・・・・②

 

《残額》        ①-②=2,225

    残金2,225円については生徒の部費に入れさせて頂きます。

 1


08:07
2018/11/27

ソフトテニス部 さいたま市総合選手権大会結果

| by ソフトテニス部
11月23日、浦和総合運動場デニスコートで、さいたま市ソフトテニス総合選手権大会が行われました。
この大会の出場資格は、一般埼玉県連登録者、市内中学校上位4ペア、市内高等学校上位8ペアとなっています。
本校から濁川②・堀口②ペアが出場しました。
予選リーグののち決勝トーナメントを行い、3位に入賞しました。

***選手の声***
濁川実和…今回の大会では、以前勝った相手に負けてしまったので悔しかったです。打ち方など考えて少し変えてみたりと、実践的なところで試せたのはよかったと思います。今後は近くに大会がないので、今大会で得たことをいかして新しいことにもチャレンジしていきたいです。
堀口明日香…今回の大会で当たった相手は練習量も多く、技術面でも上の相手ばかりだったと思いますが、そのような相手に対して、どのように戦えばいいかをもっと考えて試合に臨むべきだったと思いました。以前に負けた相手に勝てたのは良い点でしたが、逆に1度勝った相手に負けてしまったのが悔しかったです。次の大会は来年ですが、それまでにあがった課題の克服の為にも普段の練習で対策していきたいと思いました。
19:22
2018/11/17

ソフトテニス部 新人戦県大会結果

| by ソフトテニス部
埼玉県高等学校ソフトテニス県民総合体育大会兼新人大会が、11月12日に狭山智光山公園で個人戦が、14日に熊谷さくら運動公園で団体戦が行われました。
個人戦は濁川②・堀口②ペア、小野②・下村②ペア、四方②・笹川①ペアの3ペアが出場し、濁川・堀口ペアが32本に入りました。
団体戦は、濁川②・堀口②ペア、四方②・下村②ペア、宮本②・久下②ペア、田中①・岩渕①ペアが出場し、1回戦熊谷女子高校に0対3で敗れました。
これから春に向けての練習に具体的な課題ができた試合でした。

***選手の声***

濁川実和
…個人戦では、あと少しでベスト16になれたチャンスを逃して悔しかったので、この悔しさをばねにしっかり練習して春は頑張ります。ここ一本という時に自信を持って確実に取れる自分の得意なコースを見つけたいです。団体戦では初戦負けしてしまい、まだまだだと感じました。上位校の試合を見て、力強いボールだけではなく、ラリーを続ける大切さを改めて学びました。全体でレベルアップできるように練習していきます。
堀口明日香…今回の県大会は個人戦・団体戦ともに完全に不完全燃焼だったと思います。もっとやれたことがあったと思う場面が多かったので、他校との差を縮めるためにも、普段の練習の質の向上を目指していきたいです。
四方詩織…個人戦では試合の入りはよかったと思いますが、2,3ゲーム目で相手の流れにのまれてしまい、自分達の流れを作ることができませんでした。また、団体戦では、落ち着いてプレーができず、簡単に1ポイントを与えてしまうことがありました。これらは、サービス・レシーブのミスが原因だったと思うので、今回吸収したことをいかして練習していきたいと思います。
笹川絢加…今回、県大会に出場することができ、とても嬉しく良い経験となりました。しかし、練習でやってきたことが発揮できず、ボレーがうまく決まらなかったり、思うようにいかなかったりと悔しかったです。残念な結果にはなってしまいましたが、普段の練習での甘さや、やり切れていなかったことに気づけ、また、アップの大切さ、自分と他のペアとの差を感じることができました。今後の練習では、より試合を意識し、自分の苦手な点はできるまでやり切ることを徹底したいです。
小野菜々実…試合は悔しい結果に終わってしまいとても残念に思います。焦っている気持ちが主な敗因だと感じています。これからの練習では、ゆっくりと焦らず、基本的なところからしっかりと考えて打っていきたいと思います。
下村柚乃…個人戦、団体戦ともに思うようなプレーができず、結果を残すことができませんでした。しかし、近くでレベルの高いプレーをたくさん見ることができたので、これからの練習、そして試合にいかしていきたいと思います。次の大会まで時間があるので、自分に足りなかったところをしっかり練習し、試合で発揮できるようにしたいです。
宮本まどか…私は今回の団体戦で初めて県大会に出場、そして公式戦の団体メンバーに入ることができました。普段の練習では基本的なストロークやサービス、レシーブに重きを置いて練習してきました。私たちのペアは、1試合目に出させてもらいました。団体戦でよい流れができるよう声を出して、足を動かし、積極的なプレーで、ペアと2人で1本の形をとることができたと思います。しかし、練習で行ってきたサービス、レシーブなどではミスが多く、ファーストサービスが入らなかったので、相手に有利なゲームの展開になってしまって、とても悔しい試合になりました。これから、「試合」で「練習通り」のプレーを出しきれるよう、日々の練習に緊張感を持って、努力していきたいと思います。次の大会でも団体戦メンバーに入り、悔いがない試合ができるよう努力を積み重ねていきたいと思います。
久下陽菜…前回の地区予選の時よりはリラックスして試合に臨めましたが、自分達から攻めることができず、1ゲームもとれませんでした。デュースになっているゲームもあったので、そこで一本粘れるよう鍛えていきたいです。県大会出場校の試合を見て、自分達に足りないものを再確認できたので、次の大会では、個人も団体も選手として出場できるように、残りの半年間を大切に頑張っていきます。
田中真百合…今回団体メンバーとしてコートに入らせていただき、嬉しく思いました。先輩方の試合を見ていて、攻めと守りの区別や安定したボール運びが私には足りていないと実感することができました。また、返球後の構えなど基礎的なことの徹底も重要だと感じました。気づいた点を無駄にしないよう、これからは1球1球に集中して意識的に練習していきたいと思います。
岩渕真帆…熊谷女子高校の試合は、アタックやスマッシュなど、攻めのプレーが多く、相手が嫌がるプレーができているように感じ、自分のプレーの参考にしようと思いました。勝ちあがっている選手は、自分からのミスが少なく、しっかり攻めていけている人が多く、技術の差はあっても、簡単なミスを減らし、強気でいることが大切だと改めて感じました。今回学んだことを、1つ1つ改善していきたいと思います。 
13:42
12345


ソフトテニス部

ソフトテニス部
庭球する心
この一球は 絶対無二の一球なり。
されば心身を挙げて一打すべし。
この一球一打に技を磨き 体力を鍛え 精神力を養うべきなり
この一打に今の自己を発揮すべし。


この言葉は私たちが練習を始める際に皆で暗唱するものです。"庭球する心"に基づきテニスに対しての意識を高めています。
練習日      練習時間     
大会成績   練習メニュー(晴天)   練習メニュー(雨天)コート整備
このサイトは現テニス部により運営されており、活動状況の報告を行っております。
テニスが好きな方、一女テニス部を応援してくださっている方はもちろんただ見てみただけという方でもこのサイトを機に私たちについてより深く知っていただけると嬉しいです。また、高校受験で一女に興味がある方もこのサイトから、一女の良さを感じられたらと思っています。
一女は進学校でもあるため、勉強と部活の両立は大変かもしれません。しかしその中でも中学から続けてきた大好きなテニスを続けていきたいという思いや、新たにテニスに挑戦してみてもっと強くなりたいという思いに溢れる私たちは、毎日の活動を通して様々なことを学んでいます。その思いを少しでも理解していただければ幸いです。
紹介
私たちソフトテニス部は現在部員10名で顧問の先生の丁寧なご指導のもと毎日楽しく練習しています。晴れの日はテニスコートで基礎練習や試合、雨の日は校舎の中で筋力トレーニングなどで活動をおこなっています。一女という勉強にも力を入れる校風から、部員皆文武両道を目標に切磋琢磨しながら県大会・関東大会出場を目指して練習中です。

練習日週6日
テスト1週間前からテスト休みに入ります。
練習時間平日は放課後~18時半
休日は8時半~12時半

大会成績HPで随時更新しますのでご覧下さい。
練習メニュー(晴天)基礎練習、応用練習など、様々な種類の練習をバランス良く組み合わせて行っています。
練習メニュー(雨天)屋内でラダー、筋トレ(腹筋、背筋、腕立て、スクワット)、ストレッチなどを行っています。
コート整備雨の日の翌朝ローラーをかけたりし、風の強かった場合は砂まきや落ち葉はきを行っています。
最後に
ここまで読んでくださって方本当にありがとうございます。拙い文章で申し訳ありませんでしたが、一女テニス部について少し知っていただけたでしょうか。心の片隅でもこれからは私たちを応援していただけると嬉しいです。
 
Copyright(C) 2012 Saitama prefectural Urawa daiichi girls' high school. AllRightReserved.